ジュニアアスリート|大阪市西区新町・西大橋駅|アヴィススポーツ鍼灸整骨院

ジュニアアスリート

小学校高学年から中学生にかけては成長期と呼ばれ、身長が急激に伸びる時期です。
この時期は、骨の急激な成長に筋肉の発達が間に合わず、アンバランスな状態になり、
骨と筋肉の付着部にストレスがかかりやすくなっています。そのため、過剰なトレーニングをしていると、筋肉の腱が炎症を起こしたり、成長軟骨部がはがれてしまったりという、スポーツ障害になってしまうのです。


ジュニアアスリートによく見られる障害:
オスグッドシュラッター病 ・野球肘・セーバー病・腰椎分離症・椎間板ヘルニアなど

「痛みを抱えながら練習をしていましたが、もう我慢できないような痛みになったので来ました。」と言う子供が沢山おられます。ジュニアアスリートほど、限界を超えるまで我慢しがちです。そうなる前の早めの治療・ケアが大切です。

将来アスリートとして活躍する為にも、将来長くスポーツを楽しむためにも痛みが出れば早めに当院まで相談下さい。


⇒保険診療
⇒aviss整体
⇒鍼治療
⇒ボディケア


PAGE TOP